作業所案内 おだか君


"おだか"とは   作業内容   ゆめの会    地域・事業活動   きょうされん


”地域作業所おだか”とは・・・


「おだか」は、平成11年4月に小規模作業所として誕生した障害を持つ人たちが利用する施設です。
平成14年度には、「地域作業所第二おだか」も開設されました。

平成20年3月にNPO法人格を取得し「地域活動支援センター」として新たなスタートを切りました。
また、平成28年2月からは、就労継続支援B型へ事業移行しています。

「おだか」には、地域の町内会や社会福祉協議会、近隣作業所などの代表の方やおだかの利用者・家族の代表、職員などで組織される 「運営委員会」があり、様々な事を話し合いながら運営を行なっています。
 利用者は、左近山団地の清掃作業を中心に、横浜市西部地域療育センター、ハウスクリーニング等を職員と共に行っており、 これらの作業で得た収入は、利用者の「給与」として支給されています。

他の作業所に比べると比較的高い給料ですが、利用者にとっては、決して満足できる金額ではありません。
利用者自身も「たくさん仕事をしてたくさん給料が欲しい。」と考えています。

「おだか」は、これからも障害を持つ人達の「もっと働きたい」という願いに応え、「たくさん働いて、たくさん給料が欲しい」という思いを 実現して行く為に、清掃だけでなく、新しい分野の仕事にもどんどんチャレンジしていきます。


 朝のミーティング


朝のミーティング

利用者の健康チェックと、その日の作業予定の確認を行います。


  「地域作業所 おだか」の一日

8:50 集合・ミーティング
    利用者の健康状態と作業予定を確認
    します

9:00 移動・作業
    各班に分かれて作業開始!

12:00 昼食・昼休み
    食事ボランティアさんが作ってくれる
    おいしいご飯を食べて一息入れます。

13:00 移動・作業
    気分をリフレッシュして再び作業開始!

16:15 ミーティング・解散
    一日の作業の報告・反省をして解散
    となります。



 "おだか"とは   作業内容   ゆめの会  地域・事業活動   きょうされん

HOME


おだかニュース


作業所案内


お問合せ先